LED化。2020年の魂胆。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    LED化。2020年の魂胆。

     唐突に出てきた、LED化、2020年。

     素直に受け取れない自分があります。
     何か魂胆があるのではないかと思うのです。
     一番怪しいのは、原子力発電・電力自由化でしょうか。

     LED化することによって、新規参入を極力抑える、既存電力業界への援護射撃です。

     現在の電力を大量消費する法人へは既に電力価格は格安に納入しています。
     競合したとしても、自由に価格決定可能です。

     新規参入会社が入り込むのは、個人住宅か一部の中小会社のみ、その各戸の使用量が下がれば、損益分界点も厳しくなってきます。

     一方、既存電力会社はこれまでのリソースや蓄え、または組織の効率化で、まだまだ価格競争へも十分対応可能と思います。

     間違いなく、既得電力業界、原子力権益を保護する魂胆かと思う。



    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。