テレビ朝日「スミカスミレ」魔法の童話を現代版・・・。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    テレビ朝日「スミカスミレ」魔法の童話を現代版・・・。

     金曜の夜11過ぎからのナイトドラマ、録画ではあるが見るはめになってしまった。
     
     女子高生の中身は還暦!? 如月澄は、気がつけば恋もしないまま65歳になっていた。母の葬儀を済ませ独りきりになったある日、澄のもとに黎と名乗る猫が現れ「青春をやりなおしたい」という望みを叶えてやると言う。20歳の少女・すみれとして若返った澄はq大学に通うことになるドラマです。

    動物

     若返った澄、如月 すみれ(20才)……桐谷 美玲
     如月 澄(65才)……松坂 慶子
     化け猫、黎(れい)……及川 光博

     というキャストです。桐谷美玲さん、かわいくて綺麗でいいですよね・・・。必然的に内容は、ラブストーリーとジェネレーションギャップ、プラス毎回のシンデレラのような構成になっているようです。
     
     読み物なら、SF、パロディー、ラブストーリーをミックスしたような感じ、ラブストーリーがなければ、星新一かラブストーリーなら少女漫画とでもいう感じでしょうか。
     と、そんなドラマなのでしようが、そんなドラマを受動的に見る羽目になってしまいました。

     たぶん、録画してみている本人も、ほんとはそんなラブストーリーをしたかったのでしょうか。振り返れば、これまで日々何かに追われ生活してきた過去、そして今もこれからも、安心、安堵していられない現実をみるにつけ、ある意味このドラマは没頭して楽しんで、現実から逃避できるドラマなのかもしれません。

     また、このドラマには、絶対現実ではありえない、妄想や夢、願望を具現化していることで、一時楽しめるという形ができあがっているのかもしれません。

     受動的ではありますが、見ている関係で、ついつい引き込まれてしまい、人生の悲哀、憂い、松坂慶子のナレーションを聞いて、涙ぐんでしまいました。

     意外に韓国ドラマ的な要素も包含しているような気もします。
     テレビドラマの視聴率ってそんなところにあるんでしょうか。

     テレビ朝日のHP

    ★「スミカスミレ」コミック電子書籍(楽天市場)
    ★スミカスミレbyAmazon



     
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。