座りションが、男子の女子化現象かもしれない。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    座りションが、男子の女子化現象かもしれない。

     先日、コンビニのトイレにはいったら、見たことのない張り紙がしてあった。

    コンビニ トイレ

    コンビニ男子トイレ

     立ちション禁止の張り紙です。
     それも、男子専用のトイレ側に貼ってありました。

     立ちション派としては、なんとなく腹立たしい張り紙で、立ちションは、滴がはねや、命中はずれで回りが汚れるためなんだろうなとは気持ちはわかります。

     そもそも、昔は必ず大と小のトイレがありました。
     いつのころからか、様式トイレが流行りだし、兼用になったのでは思いますが、立ちションで汚れるという欠点があったということでしょうか。

     哺乳類の、男子、雄の生殖活動は、ほとんどといっていいほど、警戒しながらの行動となります。
     いつ襲われるかもしれない、自然の中の草原、必然的に目の位置を高くした、立ったままの生殖の行動の体制です。
     また、テリトリーを守るためのマーキングは高い位置にする。

     座って用をたすといのは、無防備な体制というほかにありません。
     仮に自然の中ならパンツを上げたりするため、次の行動はできない体制です。

     そんなことから、座りションは、男子が男子たるゆえんの、生き延びる、子孫を残すという、動物本来の本能を放棄する一つの行動の現れではないのかと思います。

     小学校のトイレも、いろいろな理由で、個室化・洋式化していますが、個室の中に、様式と立ちションの設備を設ける。
     洋式トイレに合わせるのではなくて、人間に合わせる設備を設置してほしいものです。

     立ったまま、短時間で一気に排泄する、男子の行動であり生きるための無意識の態勢です。



    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。