SMAP解散、アイドルの結婚禁止は法に触れないのか。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SMAP解散、アイドルの結婚禁止は法に触れないのか。

     SMAP解散、色々なことが、言われたり書かれたりしています。

     自分が思うのは、会社側のコントロール不足ではないのかなと思います。

     この春からのゴタゴタではなくて、一人が結婚するというときに、しかるべきジャッジをすべきだったんではないかと思います。
     
     アイドルは、結婚できなるのかできないか、もし結婚できないとか、方針と異なるのなら、脱退だったりのペナルティがなければ、他のメンバーにとっては、不満も出てくるのも当然だったと思います。

     その時にはよかったにせよ、メンバーの中には、もっと早い時期に結婚したかった人や、後々そうしていという人も出てくるかと思います。

     ですから、ルールがあるとしたなら、例外を認めるのかどうか、もっと掘り下げた議論決断が必要だったと思います。

     一応、表向きは禁止はしていないまでも、売上に直結しますから、実態はほぼ禁止なのではないかなと思います。

     なんとなく、アイドルとして象徴化する、人を商品化してしまう、言い換えれば古代の奴隷制度や近代では遊女、そんな現代版ではないのかとおもってしまいます。

     もともと、アイドルって、日本独特のそおいうビジネスモデルですよね。

     応援する側も、アイドルがいつまでも結婚しないという盲信は極力持たないようにしなければいけませんよね。

     結婚しない恋愛など倫理・道徳・法律に触れない限り、色々な契約事項に盛り込むのはNGではないかと思います。

     それは、人の権利として擁護すべきではと思います。


    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。