ファミコン クラシックミニ、新発売。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ファミコン クラシックミニ、新発売。

    還暦間近の自分の年代では、ゲームといえば、デパートの最上階にあるレストランやゲームコーナーです。

     そしてテレビゲームに触れたのは、丁度サラリーマンとして社会に出たころです。
     インベーダーゲーム、1978年(昭和53年)その頃の地方にはゲームセンターなんてなかったので、喫茶店にはテレビゲームのブラウン管を組み込んだテーブルが並んでいました。

     昼休みは、その喫茶店でランチと食後のインベーダーゲームです。
     1ゲームだけで済むはずもなく、ランチ以上のゲーム代を払うのが常だったように思います。

     その後、ファミコンが世の中に出てきましたが、何年かは買わなかったような気がします。
     スーパーファミコン、プレステーションと次々にゲーム機が登場。

    ファミリーコンピューター TVゲーム

     自分のゲームというより子供へのゲームという位置づけです。

     今でも、スーパーファミコンをはじめとして、古いテレビゲーム機もソフトも中古市場で販売され、もちろんソフトも流通しています。
     人気ソフトは高値で取引されています。

     では、自分のゲームと言えば、パソコンゲームの方へ移行したので、テレビゲームよりも高画質のオンラインゲームという感じです。

     ただ、プレステーション3が出てきてからは、画質の画像も格段にUP、それに伴い、パソコンゲームの発売数も激減し、いまではパソコンのゲームは風前の灯といった感じ。
     今では、パソコンの3Dゲームはマニアックな感じがしてしまいます。

     我が家には、最近ようやくプレステーション3を導入、レースゲームのみプレイしていますが、1時間もすれば疲れて長時間のプレイは困難ですよね。 

     一方、最近また、スーパーファミコンニンテンドークラシックミニとして登場、カセットロムではなくて、既に人気だった30種類のゲームデータがはいっています。

    11月に発売されて、品薄で価格上昇中です。

    ファミリーコンピューター ミニ TVゲーム

    ★楽天市場 ★Amazon

     


    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。