東日本大震災から6年目3月11日。今朝もたまの早朝ドライブです。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    東日本大震災から6年目3月11日。今朝もたまの早朝ドライブです。

     今日は、東日本大震災から6年目3月11日。

     6年前の午後は、みぞれ交じりの天候、津波のニュースを携帯のテレビで見ながら徒歩で自宅へ向かう途中にも、何度か余震が発生し、電柱がグラグラゆれていました。

    南三陸町

     6年後の被災地は、まだまだ、工事の真っただ中です。

     南三陸町志津川さんさん商店街は、3月3日 28店舗ほどでオープンしましたが、周りはかさ上げ工事真っただ中です。

     高さ10mの台地、震災遺構の南三陸町の防災庁舎は、3Fの最上階だけ見えます。
     この場所に職員や町民が避難しましたが、屋上まで津波が襲いました。
     痛ましいことではありますが、ここまでかさ上げ防潮堤を築いて、造成する必要があるのかなと思ってしまいます。

     海岸沿岸の海抜の低い土地は、居住禁止区域にして、移転・移住せざるおえない人達へ税金投入とたほうが、よほど経済的と思うのですが、大規模な土木事業となる復興へ税金が使われています。

     もはや、かさ上げして造成しても、高齢の住民はローンは重荷でもはや不可能です。

     せっかく、大規模な土木事業でかさ上げした土地も、居住者が当初予定に大幅に満たないという地域もあるようです。

     さらに、立派な復興住宅を建てたにしても、住民が集まらないなんてのもけっこうあるようです。
     
     6年後の3月11日では、築地移転や、森友学園、震災復興造成をはじめ、土地売買・造成・箱もの、はいまだに、旧態依然の色々な政治の利害だけで動いていると感じます。

    20170311_朝日

     さて、6年後の3月11日の自分は土曜日、早く寝れば早く起きてしまう還暦前、寝付けば自然に6時間後には目が覚めてしまいます。
     
     そんな時、気が向いたら家を出て、小一時間、ドライブ、走って来るだけです。
     週末でも、同居人の車での送迎もあります。

     途中のコンビニで100円のコーヒーを買って、ただ、バイパスを走ってくるだけです。

     町並みの地平線から、太陽が出てきました。
     USBの中には、CDからコピーしたMP3が大量に記録されています。

     6年前は、まだコンビニコーヒーは無かったと思います。
     四季の日の出時間のドライブ、毎日見ている景色とはちょっと趣が違います。
     
     なんとなく、どこかへ車で旅行した錯覚にもなります。

    20170311_朝日2


     この時間のこの場所での日の出は、年に1回でしょうか。
     朝日をバックミラーに、ひと時のドライブを終わりました。 




    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。