「肩石灰沈着性腱板炎」腕が多少動くように。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「肩石灰沈着性腱板炎」腕が多少動くように。

     1月11日朝 やっと激痛が和らぎ、へそに手が届きます。

     感激です。おお、ズボンのチャックにも手が届きます。

     左手の自由が利かないだけでまるで身の回りの不便なこと。

     ・茶碗は思うようにもてず。
     ・体もよく洗えず。
     ・ズボンのボタンができません。
     ・パソコンのキー操作も大変。

     午前中病院で診察、座薬をもらってきました。

     先生に、
    「よく、胃潰瘍の薬の副作用で石灰が溶けるようなのですが、」と聞いてみると、「仮に溶けるとしても、それは患部以外 の石灰も溶けるので、総合的にはよくない」

     「定められた処方でないので色々問題もあり、 治まらず、支障があるのであれば、その部分 だけ手術したほうが良い」 と言っていました。

     今のところ今日の激痛はありません、 このまま収束してくれればいいのですが。
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。