腱板炎の影は無くなりましたが・・・。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    腱板炎の影は無くなりましたが・・・。

    6月26日、肩石灰沈着性腱板炎の通院

     肩の激痛から半年が過ぎようとしています。


     いまだに腕が上がりません。


     今回、エコーで診察したところ、石灰は無くなって
    いめと言われました。

     でも、「腱が切れている箇所があるようですね」と
    言われ、おいおい、肩石灰沈着性腱板炎が治れば
    腕が上がるようになるんじゃないのかい!?・・・・・


     完全に腱が切れているわけではないので、
    腕を動かしてもいいとのことです。

     腕は、上に真っ直ぐあげられず、肩は水平まで、
    後ろでは、手は背中のベルトの1/3までなんとか
    届くかという程度です。

     肩の動きの範囲がとても狭いという感じです。


     今度の通院時は、肩の関節に「ヒアルロン酸」の
    注射をするそうてす。


     バセドウ病は、体内のカリシウムにも関係し、
    膝や腰に影響がでる場合もあるらしく、
    肩にも何等かの影響があるのかもしれないと
    言っていました。

     ほんとか。 
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。