夏には必ずにニュースになる「熱中症予防」 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夏には必ずにニュースになる「熱中症予防」

     暑いですね。暑い。なんなんでしょね。

     こんなの持ってれば、熱中症予防役立つかもしれません。
     
     熱中症計、携帯型、卓上壁掛け型色々あります。
     
     我が家には、温湿度計はいくつかありますが、熱中症計はありません。





     熱中症(ねっちゅうしょう)は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。

     日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある。高温障害で、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツや仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することが出来る。









    予防方法
    ・出来るだけ薄着、直射日光下では帽子を被る。 吸湿性や通気性の良い衣類を着用する。
    ・湿度が低い場合でも、気温が35度(乾球温度計)以上の場合運動を禁止する。
    ・31度以上の場合は激しい運動はさけ、特に体力の弱い暑さになれていない人は運動をしない。
    ・湿度がく27度以上で運動をしない、激しい運動は24度以下、特に体力の弱い暑さになれていない人は運動をしない。
    ・27度以上では室内外の冷却や、直接的な体内や体表面の冷却により体感温度を下げ、体内の水分・塩分が失われないようにする。


    応急措置
    ・経口補水液またはスポーツドリンクなどを飲ませ、涼しい場所で休ませる。
    ・冷たい缶ジュースや氷枕などを腋の下、股などの動脈が集中する部分にあてて冷やす。
    ・木陰やクーラーの効いたところで衣服を緩めるのが良い。・速やかに病院などに連れて行く。躊躇せずに救急車を呼ぶ。
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。