税制改悪、軽自動車税の増税 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    税制改悪、軽自動車税の増税

     消費税増税、TPP、色々な情勢で引き合いに出されているのが、軽自動車税の改正です。

     軽自動車税は、7,200円小型車などに比べればぐーーんと安くなっていますが、税制改正の自動車取得税の廃止、見直す中で軽自動車税を見直す動きが出ています。

     TPPの中でも、軽自動車税が安すぎる等と、話題になっているようだ、など、まことしやかに、ポロポロと小出しに耳にするようになってきました。

     消費税増税が、収入が低い自分たちにモロに効いてくるのも当然ですが、地方での軽自動車税もそれ以上に影響が大きいといえます。

     単純に年間約20,000円のup額になります。

     自動車に関わる税や費用としては、 自動車税・取得税の他、車検時にかかる重量税や自賠責保険料、車検制度など他国には無い色々な制度があり、自動車の持ち主からむさぼりとっているといっても過言ではないかと思います。

     さらには、揮発油税ガソリンの半分近くは税金だったと思います。

     これらすべては、自動車に関わる税金と一言で言いますが、言い換えれば、もっともらしい理由と名目をつなぎ合わせた、役人や官僚、天下り先、族議員の権益確保の手段でしかない制度に他ならないと思います。

     税制改悪ではなく、国民や生活者、未来のビジョンに照らし合わせ納得できるような自動車税制を望みたいものです。 
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。