第三号被保険者(サラリーマンの妻) - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第三号被保険者(サラリーマンの妻)

     世の中には色々な事件や事故等があり、一般市民にはそれらのTV等で報道されるていることが世の中の全てであるような錯覚に陥ってしまいます。まあ、全て把握することは無理なのでしょうが・・・・

     しかし、少なくとも自分に関係あるものについては知っておきたいものです。

     その中で年金問題があると思いますが、一つとして、サラリーマンの妻(第三号被保険者)の納付を創設することを国会で成立させようとしています。

     そもそもサラリーマンの厚生年金は、確か社員と会社が折半して納付していたかと思うが、約25年前にサラリーマンの年金納付額がUPされた理由がサラリーマンの妻分の年金納付額を織り込むためだったようです。

     毎年、十数兆円、国民年金基金へ厚生年金へ拠出し、さらに、国民年金未納者分までを一食単にして面倒見ようというのですから乱暴なものです。

     それも、官僚や役人の年金だけは別枠に確保しつつ実施するのですかせ空いた口がふさがりません。
     
     先に公務員年金と厚生年金を統合したらどうだろか。
     
     2007年消えた年金問題があても、役人の年金だけは消えないのは何故か不思議である。

     バックには怖い役人がいる・・・ 誰に、自分の未来を託して一票を投じればいいのでしょうか。
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。