国家の陰謀、サラリーマンの妻の年金、実は払い過ぎ!! - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    国家の陰謀、サラリーマンの妻の年金、実は払い過ぎ!!

    またまた、出ました。


     第三号被保険者、別名サラリーマンの妻の年金。


     弱いものイジメの年金行政。

     サラリーマンの妻の年金は、掛け金もかけずに年金を受給しているドロボーのように言われている。


     評論家の意見は「改善する必要がある・・・・・」と放映され時間の都合でそれ以上は放映されない。

     視聴者がみれば、問題があって公平に徴収されていないのではないかという感覚で視聴してしまう。


     それに続けて放映されるのは、自営業者の国民年金をかけている人たちか、独身女性の意見。

     決まり文句は、 「サラリーマンの妻は主婦という三号被保険者対象なので 黙ってても年金がもらえて不公平だ・・・・」  と放映される。

     チョット待った!!

    サラリーマンの妻は、自営業者よりきちっと長く掛け金をキチンと払っていることを理解納得すべきです。

     独身女性も主婦の分も夫と会社がサラリーマンの妻の分もキチンと掛け金を払っていることを理解すべきです。

     独身女性(OL)は厚生年金と国民年金を受給できるので掛け金が高いのは高いのは当然です。

     主婦は年金しかもらえません。


     第三号被保険者制度が出来た理由が、

    ・国が楽により多く掛け金をサラリーマンから徴収するための制度!



    第三号被保険者、主婦の年金受給が不公平というプロパガンダは、

    ・国がより多く年金財源を徴収するための世論形成
    ・企業がサラリーマンの掛け金の一部を負担しているため それを廃止しようとする企業への優遇措置


     第三号被保険者は改正されたとしても、国家公務員の妻(主婦)の年金は確実に新たな形で確保するでしょう。

     第三号被保険者の改正の前に、国家公務員の年金制度と統合すべきです。 


    第3号被保険者

    国民年金の加入者のうち、厚生年金、共済組合に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満の人)を第3号被保険者といいます。
     保険料は、配偶者が加入している厚生年金や共済組合が一括して負担します  ので、個別に納める必要はありません。第3号被保険者に該当する場合は、事業主に届け出る必要があります。
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。