わが国はピラミッドです。そして万里の頂上になる予定なんだとか。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    わが国はピラミッドです。そして万里の頂上になる予定なんだとか。

     スフィンクスもちっょとねぇ・・・って思いますが、日本にもこんなのがあるんです。

     和製ピラミッドです。高さは10m近くになります、そしてこれが延々と続くのです。

    三陸

     三陸の美しい海岸に、万里の頂上のように延々と続くのです。
    確かにリアス式海岸というのは、津波の高さも高くなることは否定しませんが、これからますます過疎化していくことがほとんどの全ての地域にそんな万里の頂上、防潮堤は必要なんでしょうか。

     何百年に一度のための津波この防潮堤を作るだけで防げるのか、莫大な工事費もそうですが、自然は生き物、海岸の浸食や風化など、延々と莫大な維持費がかかることは目に見えています。

     形こそ違え、維持費のかかる箱ものと同じです。今こそストップといいたい。

     今現在不便ではあるものの仮設住宅、あるいはみなし仮設住宅として不便な場所ではあるものの生活しています。

     ではどうするのか、防潮堤を築くお金があったら、高台や山を崩すなりして、津波のこない、住宅地や生活できる場所を作るべきだと思います。
     津波で、流された地域は、非居住地域として、農地や産業や公園として整備し、高台への避難道路や、避難施設を整備すべきです。

     この際、20・30・50年後の地域のあるべき姿を描き、地域の人たちが安心できる美しい三陸の景色と生活を再構築したほうが良いのではないかと思います。

     ピラミッドをつないだ万里の長城のような防潮堤は、一気にその地域から故郷を奪う刃ではないのかと思います。
     
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。