集団的自衛権、米軍基地・大都市、原発が狙われるかもしれないですよね。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    集団的自衛権、米軍基地・大都市、原発が狙われるかもしれないですよね。

    憲法9条の戦争放棄や、集団的自衛権と言われても、詳細については理解していない自分。

     ニュースや国会中継で見る限り、日本の国土でないところでも、アメリカなどが攻撃を受けた時に自衛隊が助っ人になれる法案のようである。

     もし仮にそんなことが日本として、容認されということが内外に知れ渡ったとしたらどうなのか。

     友人がケンカに巻き込まれたら、止めにはいるのではなく、加勢するよって言うことだと思うが、もしそうであるならば、加勢すると宣言している以上ケンカ相手からも必然的に、ケンカの対象になるのは間違いないと思うんですが・・・。

     もし仮に、日本の近隣で日本と関わる戦争が仮に勃発するならば、敵国の防衛論によって、軍事基地封鎖、都市機能マヒさせるため、原発を標的にすればいいよね。なんてことはちょっと考えれば誰でも思いつくこどてす。

    こおいうことを簡単に推測できると思うのだが、ニュースでも国会でもタブーであるかのように言わない。

     第二次世界大戦とて、コンビナートや工場を標的にし、されたことは既成事実です。

     東日本大震災の福島原発の冷却しながらのメルトダウンでも3年過ぎた今でも多大な影響が続いています。
     日本には約30か所の原子力発電所が全国にあります。こんな狭い日本にですよ。

     海外では戦争しない、日本の領土と財産を守るたるに存在する自衛隊が国外で加勢する軍隊になったら日本の未来はどうなるのでしょうか。

     戦争の放棄だからこそ、壁にも盾にも歯止めにもなるですけどね
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。