ハマるよね。韓流ドラマ、オ・ジャリョンが行く、最終回です。 - 爺の戯言

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ハマるよね。韓流ドラマ、オ・ジャリョンが行く、最終回です。

    なかなか、韓流ドラマにハマってしまいます。

     相方が韓流ドラマを録画して見るもので、ついつい見ざるおえなくなります。

     はじめのうちは、くどくてイライラしてありまみませんでしたが、ホジュンからでしょうか、好き嫌いはありますが見るようになりました。

     ちなみに、日本の連ドラはほとんどみません。

     じゃぁ、なぜ韓国ドラマを見るのかなと言えば、

    ・平日毎日放送されて、有り得ない事件が次々とドラマが展開していくこと。
    ・現実というか、日本ではありえない、人と人のつながりが設定されていること。
    ・悪人は根っからの悪人で、善人は最後まで善人と設定が明確で美男美女であること。
    ・悪人は余計なことを言わないでね善人はペラペラ悪人に対して話すこと。
    ・極悪人に必ず美女が、善人には美男が配役されていること。
    ・脇役が筋書きをかく乱すること。
    ・感情の起伏が激しすぎること。
    ・登場シーン、出演者、場所が限られ制作費がとっても安そうなこと。

     こんなところが面白いところなんでしょうか。

     たぶん、小説にすれば、数冊分以上のボリュームがあるでしょうか。

     
     さて、「オ・ジャリョンが行く」が、最終回を迎えますが、すっきりしますよね。

     でもほんとに、こんな筋書きありえませんよね・・・。

     だからいいですよね、現代版 SFサスペンスと推理小説を合わせたような韓流ドラマです。
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
    Copyright © 爺の戯言 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。